和気あいあいと、
気負わずに・・・

被災地と呼ばれる地に暮らす私たちの取り組み

さざほざについて

「さざほざ」は宮城県の北部内陸に位置する登米市を活動拠点に、
宮城県沿岸地域を中心とした地域の女性たちとともに、震災からの復旧、復興を
目指して、手仕事プロジェクトなどを展開しています。

アクリル毛糸で編んだ洗剤いらずのエコタワシ「編んだもんだら」や、
石巻、歌津、登米に暮らす人々の手わざを組み合わせて作った「稲わらリース」などの
手仕事作品をプロデュースしてきました。